ホーム > CLOSE-UP EYES > 2016 アイオブザイヤー技能技術部門グランプリ受賞、トレミー48 AP-019の魅力にクローズアップ。

Ptolemy 48

2015年10月30日

2016 アイオブザイヤー技能技術部門グランプリ受賞、トレミー48 AP-019の魅力にクローズアップ。



2015春の新作として発表された、アポロンシリーズAP-019は、眼鏡職人の高度な技術とチャレンジ精神で誕生した名品と言えるフレームです。このデザインをチタンで量産するには、金型職人のE難度の技術を必要とし、挫折と苦悩の連続を乗り越えて製品化されたものです。

これまでにない一体プレスパーツで誕生したアポロンAP-019

フロントは日本の金型職人の技術を集約して完成した金型で、チタン板材を50回もプレスして誕生したものです。プレスパーツだけが生み出す、流線的でなめらかな美しい局面と立体的な局面を併せ持つ、これまでにない一体プレスパーツで誕生したアポロンAP-019はフレームの美しさだけでなく、掛ける方に今までない表情、エグゼブティクなスタイルをもたらします。

理想のホールド感を生み出す形状と曲面形状の鼻パット

ストレスのない掛け心地を追求したフレーム形状をめざし開発されたウェープテンプル。肌にやさしくフィットする曲面形状の鼻パットと頭部をやさしく包み込むこのウェーブテンプルを用いたことで、これまでにない軽さと掛け心地を生み出しました。

理想的な極限と厚みの強弱を実現したウェーブテンプル

眼鏡職人の緻密な計算によりβチタンの弾性を極限まで高めるべく、テンプルに2ラインのスリットを抜き、理想的な極限と厚みの強弱を実現したウェーブテンプル。モダンにはお肌に優しい、可塑剤が少ないシートモダンを採用しました。

選ぶ楽しさが増す2つのモデル展開

この日本の匠技を集約して完成したフレームには2つのモデルの用意があります。AP-019はフルリムタイプ、そしてAP-018はナイロールタイプです。2つのスタイルにはそれぞれの表情があり、選ぶ楽しさが増します。

Ptolemy 48 商品一覧