ホーム > CLOSE-UP EYES > ジャポニスム、新作2015AWコレクションより独自のアンダーリムタイプ、JN-580をクローズアップ。

JAPONISM

2015年12月14日

ジャポニスム、新作2015AWコレクションより独自のアンダーリムタイプ、JN-580をクローズアップ。



眼鏡の聖地、福井県鯖江市で生まれ、数多くの画期的なフレームを生み出し日本の眼鏡の代名詞と言っても過言でない『ジャポニスム』。今回の2015AWコレクションより、ジャポニスム独特なデザインのアンダーリムナイロールタイプのJN-580。細部にわたる高級感を感じられる仕上げのモデルとなっています。

様々な表情を見せるフロントデザインの魅力

正面から見る印象はすっきりとした表情、ちょっとサイドから覗くとアンダーリムタイプの表情をうかがわせる独特なデザイン。これまでもジャポニスムにはアンダーリムモデルがいくつかありましたが、今回のJP-580はアンダーリムでありながら、一瞬フルリムと思わせるほどデザイン性に優れたモデルです。

アンダーリムという独特な構造

レンズ上部にチタン製のワタリを配置することでフレームの存在感を強調しています。ヨロイまでの一体のアンダーリムには、通常用いられるリム線より強度の高い冷間プレスで成型されたベータチタンの部品を採用することで、テンプルからリムに伝わる負荷を優しく吸収します。

頭部を包み込むやさしいフォルムとテンプル

ベータチタンリムから生まれる自然なテンプルの広がりや、頭部をやさしく包み込むフォルムが心地よい掛け心地を生み出します。さらに、テンプルには高級感あるマツケリー社の生地を採用、肌に馴染みやすいように、丁寧に仕上げられたテンプルパーツがより一層掛け心地よいフレームに仕上げています。

JAPONISM 商品一覧