ホーム > CLOSE-UP EYES > 999.9 フォーナインズ 、2016春の新作「NEW COLLECTION 2016 SPRING」、AP-13シリーズ(AP-13・AP-14)、AP-20シリーズ(AP-20・AP-21)をクローズアップ。

999.9

2016年5月28日

999.9 フォーナインズ 、2016春の新作「NEW COLLECTION 2016 SPRING」、AP-13シリーズ(AP-13・AP-14)、AP-20シリーズ(AP-20・AP-21)をクローズアップ。



シンプルな造りと軽快な使用感で、NP(ネオプラスチックフレーム)と並ぶ独自のプラスチックカテゴリーのひとつとして確立されたAP(アドバンスドプラスチックフレーム)。そのさらなるラインナップの充実を目指したのが、『AP-13 シリーズ』と『AP-20 シリーズ』です。プラスチックの存在感と質感に溢れる『AP-13 シリーズ』と、やわらかなフレームラインとクリングスパッドが特徴的な『AP-20 シリーズ』。2 つの新たなスタイルが、AP のバリエーションの幅を広げます。

シンプルさの中に、快適に使用するための機能を凝縮

テンプル内部に可動域を作ることで、使用時に生じる負荷を解消し掛け心地の良さを生む、AP 独自のテンプル構造です。蝶番にも独自形状のパーツを使用。蝶番に高さを出し、くびれをつけることで、傾斜角度の調整を可能にし、最適な掛け位置を保ちます。さらに、テンプルからプラスチックパーツ(長モダン)を外して芯金で調整し、掛ける人の顔幅に合わせることも可能です。快適に使用するための機能性を、シンプルなスタイルの中で実現します。

それぞれのスタイルに合ったパッド形状

AP-13シリーズにはプラスチックの存在感と質感を生かしたスタイルを存分にお楽しみいただけるよう、曲面形状のコートパッドを用いています。顔との接地面を広くとれるフォーナインズ独自の設計で、鼻筋を問わず多くの人にフィットします。
AP-20シリーズにはAP 初となるクリングスパッドを搭載しています。AP ならではのシンプルな構造を追求し、NP とは異なる方法でクリングスを固定。埋め込み部と台座を一体にしたオリジナルのクリングス土台を用いて、リムに埋め込んで固定することで、フロントとクリングス配置部の十分な強度を実現しています。シンプルなスタイルであっても、細かな調整が可能です。

剛と柔。対照的なフロントデザイン

AP-13シリーズは8mmのプラスチック生地を生かした重厚感が特徴的なフロントデザイン。顔の上で眼鏡が主張する存在感あるスタイルをAP のシンプルな構造で表現することで、アイテムとしての印象だけでなく、重厚感と軽快な使用感のギャップまでも楽しめるシリーズです。『AP-13』はテンプル『AP-14』は智に、それぞれオリジナルの装飾を配して質感を高めています。

AP-20シリーズにはスタンダードな6mmのプラスチック生地を用いリムの外形を全体的に丸く仕上げ、さらに半曲智にすることで、柔らかなフレームラインを実現しています。フォーナインズらしいレティースラインが印象的なフロントデザインで、その柔和な表情を引き立てる多彩なフレームカラーも魅力です。

999.9 商品一覧