ホーム > CLOSE-UP EYES > ジャポニスム 2016秋の新作、好評を得ている「ハイカーブシリーズ」の第二弾『JP-594』にクローズアップ。

JAPONISM

2017年1月17日

ジャポニスム 2016秋の新作、好評を得ている「ハイカーブシリーズ」の第二弾『JP-594』にクローズアップ。



2016秋のコレクションより、“視界を開放せよ”というコンセプトのもと、2016年春に発表し好評を得た「ハイカーブシリーズ」第二弾として発表された『JP-594』です。

スポーティーさと立体感のあるデザインが特徴

春に発表されたミニマルなデザインの前作(JN-581)に比べ、スポーティーさと立体感のあるデザインが特徴のモデルです。スポーツシーンやビジネスシーンまでシーンを選ばないスタイルです。

「視界の解放」をさらに進化させたモデル

レンズをワンポイントで留め、左右の視界を妨げるものがない構造は、コンセプトにある「視界の解放」のさらなる進化を感じさせます。ハイカーブの構造がレンズの存在をさらに感じさせません。

熱に強く、変形や縮みの少ないナイロンテンプル

今までにないデザインのテンプルには、熱に強く、変形や縮みの少ないナイロンを採用しました。強度とバネ性の高さも兼ね備えたテンプルが頭部をしっかりと包み込みます。

JAPONISM 商品一覧