ホーム > CLOSE-UP EYES > ジャポニスム創設20周年記念モデル『ジャポニスム ハイステージ リミテッドエディション JN-1001SP』をクローズアップ。

JAPONISM

2017年1月23日

ジャポニスム創設20周年記念モデル『ジャポニスム ハイステージ リミテッドエディション JN-1001SP』をクローズアップ。



ハイステージモデルの中心商品として根強い人気を誇るJN-1001をベースに

JN-1001SPのベースとなるJN-1001は2008年春に発表したハイステージシリーズのファーストモデル。高い製造技術によって実現された曲線は、シンプルながらも作りの良さを体現し存在感を醸し出しています。無駄な線や装飾に頼らないデザインは洗練された上質感を創出し、シリーズの中心商品として根強い人気を得ています。

新たに進化させたヨロイパーツとチタン・ノーズパッド

JN-1001では二股に分かれていたヨロイバネパーツをJN-1001SP用に新しい形状を作り一体型のパーツへと進化させました。またノーズパッドはジャポニスムのロゴが型押しされたチタン素材ノーズパッド。チタンは見た目の高級感だけでなく、一般的な樹脂製のものと比べ劣化が少ない。滑らかな曲線を描く表面形状は左右非対称であり、世界で初めてジャポニスムがそうデザインしました。フレームを顔に乗せた瞬間に感じられる掛け心地の良さは、ジャポニスム哲学が細部にまで宿ることで創り出されています。

βチタン製のシートを挟み込んだ美しいテンプル

ボリュームの、極端なほどの強弱が美しいプラスティックテンプルには、βチタン製のシートを挟み込み、しなやかなバネ性が極上の掛け心地を生み出しています。また、テンプルエンド内側に入れられた「20」マークは書道家・中澤希水氏によるジャポニスム20周年のロゴ。ハイステージリミテッドエディションのみにゴールドカラーで箔乗せした特別限定仕様です。

特別仕様モデルは2つのタイプ

JN-1001SP Col.01 : フロントカラーはシルバーとブラックのツートーン。カラー表記上では「マットシルバー」となっていますが、実際はマット(艶消し)加工の上にシルバーカラーを乗せ、クリアコートをかけています。フロントを縁取るように上下・側面に配色されたブラックカラーは、職人が一つ一つを手塗りで染色したもの。そのラインによってフロントのシルバーカラーと曲線的なフォルムがより強く引き立ちます。
JN-1001SP Col.02 : フロントのマット(ツヤ消し)仕様は、強力な風圧を利用し粒子の細かいガラスビーズをフロント1枚ずつに打ち付けています。上下・側面にのみ艶を残すことで質感の違いを楽しめます。その上から施されるブラックカラーは、チタンの表面に強固な皮膜を作るイオンプレーティングという表面処理技法を用いています。上下面にはあえてマット加工をせずに艶を残しました。これはCol.01のブラックカラーとは加工法が異なります。

20周年記念モデルには特別なコレクションボックスが付属

コレクションボックスにはオリジナルのメガネケース、書道家・中澤希水氏による特別ロゴがプリントされたオリジナルメガネ拭き、ブランドロゴがレーザーで刻印されたハイステージリミテッドエディション限定オリジナルドライバーなどが付属しています。

JAPONISM 商品一覧