ホーム > メガネ豆知識 > フレームの種類とレンズのかたち

メガネの基礎知識

フレームの種類とレンズのかたち



メガネフレームはデザイン・素材・構造など多種多様あり、色々な分類分けがされています。
ここでは代表的なものを紹介します。

フレームの種類(リムの形状からの分類)

<フルリム>
レンズ全体をフチで覆ったタイプです。レンズ全体がフレームで囲われている為、強度は高く最もオーソドックスなスタイルです。フレームのデザインや素材やカラーの組み合わせがとても豊富なタイプ。

<ナイロール>
リムがレンズの上部にだけあるものを「ハーフリム」といい、レンズ下部分にナイロン糸で固定したものを〈ナイロール〉といいます。また、リムがレンズの下にあるものを<逆ナイロールタイプ>と呼びます。

<ツーポイント(縁なし)>
レンズに穴を空けて、プリッヂやテンプルに直接ネジを留めるタイプ。レンズの片側に2箇所穴を開けフレームに留めることから、ツーポイントフレームとも呼ばれています。軽量で、掛けたイメージが自然なフレームです。

レンズのかたち(玉型からの分類)

<スクエア型> ▼

<ウェリントン型>▼

<ボストン型> ▼

<オーバル型> ▼

<ラウンド型> ▼

<ティアドロップ型> ▼

<フォックス型> ▼

<ヘキサゴン型> ▼