ホーム > CLOSE-UP EYES > アイヴァン、2021年春夏コレクションより、EYEVANのアイコンとなったE-500番台シリーズを、40数年ぶりにアップデート した新しいシリーズの「E-0508」にクローズアップ。

EYEVAN

2020年12月8日

アイヴァン、2021年春夏コレクションより、EYEVANのアイコンとなったE-500番台シリーズを、40数年ぶりにアップデート した新しいシリーズの「E-0508」にクローズアップ。

アイヴァン、2021年春夏コレクションの新作の中で最も注目したいモデル「E-0508」は海外でも人気を博した名作"E-0505"をベースに、そのデザイン性と機能性をさらに高めた進化系モデルです。ビンテージとモダンを融合した『アイヴァン』スタイルの原点であり、その後も絶えず続けてきたデザインと技術への挑戦がこのもモデルに注ぎ込まれています。

すっきりとした印象のフロントデザイン

フロントのデザインは従来のクラウンパンと型にバレルシェイプをミックス。"E-0505"と比較して正面からみたデザインがすっきりした印象受けるが、その理由はブリッヂの変化にもある。前からネジを通して後ろで止める"E-0505"の手法からプラスチックのリムの中にスライドさせてネジを挟み込み、後ろの瓢箪型のパーツと一緒に止める手法にしてあります。

調整しやすくなったクリングス

クリングスはブリッヂとの一体型から独立したパーツに変更したことで、掛け心地の調整がよりしやすくなりました。また、そこに付けるパッドはフレームカラーに合わせてオリジナルのカラー4色を復刻し、バリエーションが充実しています。

美しさと強度を兼ね備えたコンビネーション

ヨロイはメタルパーツの曲線に合わせてプラスチックの合い口をカットする新しい技術により強度を向上させました。

ミリ単位にこだわった技術力

シャープなテンプルに繋がるモダンは、厚みを3.0ミリから4.5ミリに変更してフィット感を向上させました。ミリ単位にこだわった技術力が、高度な機能とクラシックな造形美を生み出しています。