ホーム > Special Lens > 最適なドライビングレンズ「DRIVE WEAR」

全天候型レンズ「DRIVE WEAR」

最適なドライビングレンズ「DRIVE WEAR」

多彩なアクティビティに対応する全天候型サングラスレンズのDRIVE WEAR ドライブウェアは光のギラツキを抑制する機能と目に届く光量調節機能で快適な運転を約束する新たなるカテゴリーのドライビンググラスです。

ドライブウェアの特徴

紫外線だけでなく、可視光線にも反応するため、雨天、曇天、晴天といった様々な天候、光の状態に適合するレンズです。
・適切な視覚をもたらすことにより人間本来の視機能が生かされます。
・運転障害の原因となる光のギラツキを抑える高偏光効果
・紫外線UV-AやUV-Bをほぼ100%カット(UV400仕様)
・視力に合わせた度付レンズが対応可能

ドライブウェアの構造

ドライブウェアのレンズに用いられるメカニズムは、今日のサングラス業界で最先端とされる2つの高度な技術「Transitions Photochromic(トランジションズ調光)」「NuPolar Polarization(ニユーポラ偏光)によって成り立っています。長年の研究の末、この二つの異なるテクノロジーが高度な次元で融合し、結果的にドランビングに最適なレンズになりました。それが「DRIVEWEAR ドライブウェア」です。

ドライブウェアの取り扱い上の注意

ドライブウェアの夜間の着用と夕暮れ時の運転は不適切です。色が濃くなった状態から薄くなるまで時間がかかります。濃い状態でトンネル内や屋内駐車場の暗い場所に入ると光量不足で視力が低下し大変危険ですので使用しないでください。
気温、天候、紫外線量の条件の違いによって、濃度変化および色調変化が異なります。オープンカー、バイク、スノーモービル等の天井を伴わない乗り物を運転する際や、スキー、スノーボードなどのアウトドアスポーツを行う際は細心の注意を払ってご使用ください。